塗替えの目安

こんな症状が出ていたら危険信号

営業トークに振り回されず、建物が出す信号をチェック

「いま塗り替えをしないと壁がはがれ落ちてしまいますよ」
「屋根から雨漏りするようになりますよ」
「家の構造材が腐ってしまいますよ」

みなさんは訪問販売の営業マンに、そんな危機感をあおられた経験はありませんか?
確かに適切な時期に適切な塗り替えをすることで、建物を劣化から守ることができるのは事実です。しかし、だからと言って塗装表面の劣化だけで建物そのものがすぐに危険な状態になるとは考えにくく、危機感をあおってひたすら契約を急がせる言葉には乗らない方がよさそうです。

では、どんな時が塗り替え時なのでしょうか。それは建物が出す信号によって知ることができます。

外 壁

壁の表面を手でこすってみると、白い粉状になっているのがチョーキングと言われる白化現象です。塗装表面が自然現象で劣化し、本来の艶を失ってしまうとこうなります。表面塗膜がそろそろ寿命という典型的な症状です。

 


※チョーキングは艶あり塗装の場合のみ現れ、艶なしとそうの場合にはまた別の見分け方があります。

屋 根

モルタル壁は年月の経過とともに水分を失い、表面にひび割れを起こします。ここから建物の中に水が入ると、構造体を腐らせる原因になるため、適切な処置が必要です。サイディングボード壁では基本的にひび割れはありませんが、貼り合わせ部分に打たれたコーキングが年月を経ると硬化し、亀裂ができてきます。この切れ目から漏水すれば、やはり建物の構造体を腐らせてしまいます。

亀裂・ひび割れ

チョーキング

色あせ

屋根の劣化の特長として一番よく見受けられるのが、色あせです。雨、風、紫外線などに直接さらされる屋根は傷みやすい部分です。

カビ・藻

湿気が直接的な原因であることは言うまでもありませんが、結露などが原因となる場合もあります。

サビ

表面だけにとどまっている間はいいのですが、放置すると内部まで浸食し、塗装だけでは対処できない場合もあります。

© 2023 by sekiguchitosou.

SEKIGUCHI TOSOU